50代からの素肌に最適なスキンケアを探す

シミや毛穴、たるみ撃退!50代からの美しい素肌作り

50代の普通肌女子、納得して選ぶ美白スキンケアはどれだ??

f:id:teico:20170210090003p:plain

 

....................................

....................................

 

「世の中にあふれかえる美白、美肌化粧品。いろいろありすぎて自分の肌に効果を現しそうなものがどれなのか、皆目見当がつかない」

そんな状況を打破し、スッピンでも美肌、できれば美白美肌をめざし、自分が納得して時間とお金(かからない方がいいけど)をかけられる科学的に効果が実証されたスキンケアを探しています。

 私の肌質

混合肌。これまでどの化粧品を使っても、赤みが出たりかぶれたりということはなかったので、敏感肌だとは思っていない。

額や鼻の頭は時々油っぽく感じるが、あぶら取り紙が手放せないというほどではない。頬から下は多少乾燥するものの、冬でもよくある「白い粉を吹くように乾燥する」ということはない。

 

私が目指す素肌とは

今は、両頬を中心にシミ(老人性色素斑)がいくつもあるので、とにかくシミのない透明感のある美肌をめざしたい。

また、鼻の毛穴が最近とても気になっているので、できるものなら黒ずみのないキレイな鼻の持ち主になりたい。

そして、頬のたるみ!ブルドッグの顔には近づきたくありません。

 

これまでに私が除外した美白スキンケア

  • トランシーノ
  • HAKU
  • B.K.AGE
  • エリクシール

 除外した理由

美白成分が肝斑に効くとされるトラネキサム酸である。私のシミは肝斑ではない。私の母は、70代になって人から勧められた高価なエリクシールを何年も使い続けていたが、「シミがちっとも消えない」を連発していた。それもそのはず、70歳で肝斑はないだろう。。。。

 

私がトライしている美白スキンケア

 トライしている理由

ハイブリッドC:これは、ビタミンCパウダー。化粧水に溶かして肌に直接塗り込む。シミを作らせないビタミンCが肌から浸透し、効き目が1回12時間持続する安定型ハイブリッドビタミン。

 

ビーグレン:クレンジングが、これまで使っていた泡洗顔ではないクリーム洗顔。イオン交換(肌の汚れや不要な角質と美肌成分を交換)をするクレイを使っている。

ホワイトニングクリームの美白成分が美容サロンで勧められているハイドロキノンを1.9%含んでいる。QuSomeという真皮への浸透力を持ったQuSome化ハイドロキノンは効果が現れるのが早い。(注:昼間は使えない)

 

私が今後トライしたい美白スキンケア

  • アンプルール
  • 透肌美活
  • ナールス

 トライしたい理由

アンプルール:ホワイトニングクリームの美白成分が美容サロンで勧められているハイドロキノンを2.6%含んでいる。

透肌美活:ハイドロキノン4%のシミ消し用クリームとビタミンC美容液の併用

ナールス:コラーゲンやエラスチン(たるみ防止)を爆発的に増やしたというナールスゲンを化粧品に応用したもの(これは、美白化粧品というよりアンチエイジング化粧品)

 

 

私のお気に入りの美白スキンケア

  • ハイブリッドC

お気に入りの理由

1ヶ月ほどでシミが目に見えて薄くなった。毎日、肌がすべすべしている。

肌の漂白剤と呼ばれるホワイトニング成分、ハイドロキノン配合の化粧品は日中は使えないが、このハイブリッドビタミンCなら日中、日に当たってもずっと12時間色素沈着を抑えてくれる。夜はハイドロキノン配合のクリーム、昼はハイブリッドCパウダーを混ぜたUVクリームというコンビネーションでいける。