ローンは返済できる金額を考えよう

マンションを購入するとき、住宅ローンは避けては通れません。物件価格は千差万別ですが、たいていの場合は一定額のローンを組むことになります。どのくらいの金額を借りるかは、月々に返済できそうな金額から逆算して考えるのがひとつの方法です。返済額が多すぎると生活費に影響が出るので注意が必要ですし、共働きをしているとしても妊娠と子育てで妻が働けなくなる期間が生じることを考慮しましょう。ローン契約について細かい部分まで詳しい人は少ないかもしれませんが、マンションを販売する不動産業者が資金計画についても相談にのってくれるのが通例です。モデルハウスの見学のときなどに資金面についても質問してみましょう。

借入額を少なくするために

住宅ローンを組むと、一定額の利子をつけて返済しなければいけません。利子の額は金利によって変動しますが、借入額をなるべく少なくしたいのが借りる側の心理です。借入額を少なくするには、頭金をできるだけ多く用意するのが基本です。頭金確保のため、マンション購入を考慮して前もって貯蓄に励むのもいいですし、親族からお金を調達するのも解決策となります。住宅購入を目的として親や祖父母からお金をもらうと、一定金額までは贈与税がかからないしくみがあるので賢く利用しましょう。また、確定申告では住宅ローン控除というしくみがあります。金額に上限がありますが、借りた金額に応じて所得税の一部が戻ってくるしくみです。共働きの場合、夫婦それぞれがローンを組むと(どちらか一方だけよりも)より多くの税金が戻ることもあります。くわしくは専門家に相談しましょう。

柏のマンションを探しているなら、中古物件がおすすめです。価格が安いし、リフォームが済んでいる物件は新築のようにきれいです。