二世帯で快適な暮らしをおくるために

昔は一つ屋根の下で二世帯が生活するのが当たり前でした。もちろん、昔から嫁と姑の問題はありましたが、それでも二世帯でうまく生活していたものです。しかし、その流れはどんどんと変わってきていて、今では核家族がとても多く、二世帯が一つ屋根の下で生活したとしても、二世帯住宅を建てて生活する家庭が増えています。二世帯住宅を建てる場合は、親世帯と子世帯でしっかり話し合いを行って二世帯住宅を建てましょう。特に嫁と姑関係がある二世帯の場合は、子世帯の旦那が間に入ってあげることが大切です。それでは、二世帯住宅を建てるにあたり、どんな点に注意すれば、二世帯がうまく生活していけるかというと、完全分離型の二世帯住宅がおすすめです。これは、家そのものは一つですが、家の中は全て完全分離されているスタイルです。玄関も別々ですし、トイレやお風呂や各部屋も全て別々です。これならば、各家庭のプライバシーはきちんと守られるでしょう。親世帯が完全分離型は嫌がるケースが多いですが、二世帯住宅を建てる条件として子世帯が完全分離型を事前に話しておくことが大切です。これを条件として二世帯住宅を建てれば、それほど大きな問題は起きないでしょう。

百歩譲っても水回りは別々にする

親世帯と子世帯の考え方が違って、なかなか思うように二世帯住宅の間取りが決まらないケースも少なくありません。親世帯としては一つ屋根の下で同居したいというパターンが多いですが、子世帯はその反対です。話し合いが平行線のままであれば、一向に家を建てることができません。子世帯が百歩譲ったとして、完全分離型は難しいとしても水回り部分は必ず別々にしましょう。

二世帯住宅は、建物の造りや間取りなどに工夫が見られる物件が多く、子育てや介護などのライフイベントに対応しやすい物件に人気があります。