賃貸の「敷金・礼金」の意味とは?

賃貸を探す際には、「敷金・礼金」という言葉をよく目にしますよね。それぞれには異なった意味があり、金額や返還の有無も異なりますので、意味をしっかり理解しておきましょう。
まず敷金ですが、これは入居者が退去した際の現状回復費用を言います。例えば部屋についた傷などを、入居者が退去する時に直すためのお金です。これを入居時に徴収しておくわけですね。
敷金の相場はおよそ家賃一ヶ月分です。原状回復のために使われますから、もしも余った場合には退去時に返還されます。
それに対して礼金は、部屋を貸してくれる大家さんに対して、感謝の意をこめて渡すお金のことを言います。まさに「礼」のお金と言えるでしょう。
礼金は感謝の意をこめたものですから、退去時にも返還されることはありません。この金額もおよそ家賃一ヶ月分が相場となっていますので、入居時には敷金・礼金合わせて家賃二ヶ月分を払うことが一般的となります。

敷金・礼金ゼロの賃貸なら安く入居できる

敷金・礼金の意味は理解しても、やはり初期費用は安く済ませたいものです。そんなときには敷金・礼金がゼロの物件、いわゆる「ゼロゼロ物件」を探してみると良いでしょう。
ゼロゼロ物件においては、敷金・礼金がかかりませんから、余分な初期費用をかけずに入居することが可能です。入居者がなかなか見つからない物件などではいち早く入居者を確保するために、敷金・礼金をゼロにしている場合がありますので狙い目です。
ただし、敷金や礼金を設けていなくても部屋のクリーニング代など、その他の初期費用が必要になる場合もあります。敷金・礼金だけでなく全ての初期費用を考慮に入れて、安い賃貸を探すと良いでしょう。

新札幌は地上駅になります。札幌でも雪の多い地域となりますので、新札幌の賃貸を選ぶ際には排雪場所が家の近くにあるのかが非常に大事になってきます。